1. トップページ
  • 府中市立介護予防推進センター

  • 介護予防教室 はじめてのマシントレーニング

  • 介護予防教室 女性のためのエクササイズ

  • 介護予防教室 食べるカムくらぶ/男性のための食べるカムくらぶ

  • 介護予防教室 通信型介護予防教室「健口お届け便」

  • 世代間交流ふれあい会

  • 元気一番!!ひろめ隊

新着情報

介護予防講座「健口長寿でおいしく食べよう!」
2月28日(火)午後2時半〜4時
対象:おおむね50歳以上の市民
定員:先着60人
費用:無料
内容:口腔機能が低下することで起こりうる弊害について
講師は東京都健康長寿医療センター研究所 本川 佳子氏
申込みは2月22日(水)から電話で当センターへ
介護予防講座「ちょこっとお試し口腔ケア」
3月3日(金)午前10時半〜11時半
対象:65歳以上の市民
定員:先着20人
費用:無料
内容:舌のトレーニングと「食べるカムくらぶ」の紹介
申込みは2月22日(水)から電話で当センターへ
世代間交流「ふれあい会〜お別れ給食〜」
2月28日(火)午前10時〜12時半
対象:65歳以上の市民
定員:先着10名
費用:無料
内容:光明高倉保育園の子ども達と給食を食べながら交流をする
申込みは2月22日(水)から電話で当センターへ
認知症サポーター・ささえ隊養成講座と認知症予防講座
3月11日(土)午前10時半〜正午
対象:府中市民
定員:先着30人
費用:無料
内容:認知症について正しい知識と理解を身につける
申込みは随時。電話で当センターへ
いきいきハウス一泊体験「はじめよう!パソコン〜カレンダー編〜」
3月2日(木)・3日日(金)
対象:65歳以上の市民でご自身で通所、体調管理ができる方
定員:先着6人
費用:3,300円(含食費)
内容:パソコンで脳を活性化。Excelを使ってカレンダー作成など
申込みは2月22日(水)から電話で当センターへ
いきいきハウス一泊体験「はじめての絵手紙」
3月8日(水)・9日(木)
対象:65歳以上の市民でご自身で通所、体調管理ができる方
定員:先着6人
費用:3,300円(含食費)
内容:絵手紙で脳の活性化と集中力アップ!
申込みは2月22日(水)から電話で当センターへ
いきいきハウス1泊体験「脳力アップ体験」
3月15日(水)・16日(木)
対象:65歳以上の市民でご自身で通所、体調管理ができる方
定員:先着6人
内容:脳年齢測定、スクエアステップ等
費用:3,300円(含食費)
申し込みは2月22日(水)から電話で当センターへ
毎日体操
2月の予定はトップページ左の「今月の予定」をご覧ください
対象:65歳以上の市民
定員:各回先着48人
費用:無料
内容は座って有酸素運動、栄養ミニ講座、笑いヨガ、脳トレほか
当日直接センターへ
元気一番!!ふちゅう体操
2月の毎週土曜日 午前9時10分〜9時50分
定員:各日先着48人
費用:無料
内容:体操用に編曲した府中小唄に合わせた介護予防体操
当日直接センターへ
ふちゅう体操
2月の3・10・17・24日午前11時30分〜正午
会場:紅葉丘文化センター
対象:60歳以上の市民
定員:各日先着20人
費用:無料
内容:元気一番!!ふちゅう体操、簡単な筋力トレーニングとストレッチ
当日直接会場へ

このページのトップに戻る

介護予防ってなに 介護予防に取り組みましょう!

いつまでも、このまちで自分らしく暮らしていくために”は、元気な体を保つことが大切です。あまりからだを動かさない・食事のバランスがかたよっている・かみにくい、飲みこみにくい・外出をしない・他人と接しない・何でもなかったことがおっくうになるなどが感じられたら、要注意です。

こういった状態にならないようにするのが介護予防です。1人ではなかなか実践しにくい介護予防活動を市立介護予防推進センターで、多くの仲間とともに取り組んでみましょう。

積極的にからだを動かしましょう

からだは使わないでいると、機能がどんどん衰えてしまいます。この機能を保つためには「ほどよく使い続ける」ことが大切です。散歩や簡単な体操から始め、筋力を保ちましょう。

食事をしっかり食べましょう

高齢になると、食事の全体量が減ることなどから、たんぱく質やエネルギーが不足しがちになります。1日3回のバランスの良い食事を心がけ、病気になりにくいからだをつくりましょう。

お口ケアで若々しい口もとを保ちましょう

高齢になると、食べ物が噛みにくくなったり、飲みこむ力が衰えるなどお口の機能が低下していきます。歯磨きや口元の運動を行い、誤えんや口の中の細菌による肺炎を予防しましょう。

人との交流を心がけましょう

外出がおっくうになりがちな生活は身体機能を低下させ、からだの衰えを招きやすくなると考えられています。外出の機会を多く持ち、人との交流を心がけましょう。

認知症のサインに注意しましょう

認知症の発症には生活習慣が大きく関係しています。生活のリズムを整え、運動や趣味の活動に取り組んで脳を活性化しましょう。

心の疲れに気づきましょう

眠れない・意欲がわかないなど、いつもと違う自分に気づいたら、無理をせず、休息し、改善しないときは早めに受診しましょう。